2009年08月25日

today

時は1980年代後半。

日本は空前のビリヤードブーム。夢中になったね。バブルも重なり、こんな田舎街ですら娯楽に満ち24/7眠る事はなかったよ。一晩中、彷徨い歩く人で溢れてたね。その頃の俺は17歳、職も家もないのに暮らしていけてた。クレイジーな時代だったよ。そして俺の住み処はプール・イン・京町ってプールハウス(玉撞き屋)だった。立ち寄る人間も様々。早い時間の学生からリーマンにOL、駅周辺の店で働いてる奴、パチプロ、ヤクザやチンピラ、ポンビキに風俗の姉ちゃん、ジャンキーに流れ者とまるで動物園みたいだったよ。宿無しの俺もフラフラしてるうちにその店に流れ着いてた。

話をビリヤードに戻すと、どこの店にも数人は腕利きの奴がいてさ。あそこの店の『あいつはやるらしい』って噂んなる。腕に覚えのある奴はその店に勝負しに行くわけ。俺もそん中の1人だったよ。深夜になるとゴロツキが集まる。稼ぎ口はそこだった。月末なんかの給料日時期んなると動物園の住人達が給料袋もってプールイン京町に集まるわけ。普段は1ゲーム、五百円〜千円ていどの小さいレートだけど、そん時ばかりは1ゲーム三千円〜五千円、どうかすりゃ一万〜二万。俺が見た中で一番デカイのは9ボールで1ゲーム10万ってのがあった。さすがにそれには乗れなかったね。ルール知ってる人なら分かると思うけど、9番のボールを落としたら勝ち、ブレイク(サーブみたいなもん)で9ボールが落ちたら即その場で『はい10万円』。そんな勝負ふってくんのは大概まともな人間じゃないから払えないなんて通用しないしね。俺の場合ほとんどの勝負が0からのスタート、小さいレートをこなして大きいレートに移る。一勝負、うん万円のゲームになるとみんな撞くの止めて台の周りはギャラリーになるよ。一球一球、
周りの湧き方はハンパねー。もちろんプレッシャーもね。普段なら目閉じても入るような玉なのに、とくにゲームボールの9番になるとポケットがまるで針の穴みたいに感じるよ。さっきも話したとおりギャンブル性の強いゲームだから。

給料日前後の稼ぎは一晩で5〜6万くらい、普段は0から数千円ってとこ。根こそぎ行くと次がなくなるから時には負ける事も大切だったりする。ゲームだから駆け引きってのが重要。ま、その場所でも結構好かれてたから『まきちゃんに小遣いあげて遊んでもらおかねー』なんつー気のいいオッサンも多かったよ。わざと9番外して撞き易いポジションにもっていったりして勝たしてやるわけ。相手も分かってんだけど、そういう人は『今日はまきちゃんに勝った』って話ネタが楽しいって感じでさ、勝負の後はその店一押しの日替り定食おごってくれて朝までその話で湧くわけ。でも、集まる人間は色々だから追い込みかけたり、かけられたりって日もあったね。実際。

壊すだけの人生。第二幕目はここからスタートしたよ。

I&I
posted by INGENIOUS DJ MAKINO at 23:14| shout | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

today

涼しいね。少しずつ空も遠くなってるし、秋の雲が交じる日もあったり。ちと気が早いけど夏も後わずか、夏には夏の湧き方しとかないとね。

全然関係ないんだけど、18ん頃に悪い奴がいてね。良い意味じゃなく悪い意味で。信頼してくれてる相手を利用したり騙す奴ってのが昔から嫌いでさ。ある日そいつを拉致、全裸にしてガムテープでグルグル巻き、パイプで頭割ったのよ。あん時は自分を遠山の金さんくらいに思ってたんだけど、ありゃやり過ぎだった。今日ふと思い出したよ。

俺の人生、反省する事が多すぎて大変だ。ハスラー編ってのがあるから今度ゆっくり話すよ。

作業も一段落。みんなも良い夜&夢を

I&I
posted by INGENIOUS DJ MAKINO at 00:52| shout | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。