2009年09月07日

today

信号待ちしてた俺を横切る一台のバス。今朝の話。おそらくエスカレーター式に進学してく私立の生徒だろうね。わずかに出勤する大人も混じって、車内には小綺麗な制服姿の小中学生たちでいっぱいだったよ。

気持ちのいい朝、
久々に見る光景に違和感。

乗り合う大人たちと同じように疲れた子供たちの顔。全員がむかし護送車ん中で見た受刑者みたいな顔だったよ。大人たちは新しい情報に右へ習え、教育一つあげても素晴らしいマニュアルが世の中たくさん存在すんのにね。表面的には。

子供の未来を創造するアートも腐るほどある。でも、絵本見て盛り上がってんのは痛みを知らない無知な大人。媚びるようにすり変わるマニフェスト、責任転嫁、偽善が生む犠牲、何の値打ちもないのに値打ちばっかこいてる社会の遺産が今朝のバスって言うと大袈裟かな。何に憧れて育つとあんな顔になんのか俺にはわかんなかった。爆竹で『ウンコ爆破しようぜ』って誘っても『忙しいんで結構です』とか言われそうだな。

金を積むだけで他人任せのプログラムより朝イチのテンションの上げ方の方が大切な気がするんだけど。俺には学校建てるなんて大風呂敷な予定はないけどさ、子供は無駄にテンション高いのが仕事じゃね?そのテンション上げてくのが大人の仕事だと思うわけ。シメるとこシメながらね。ま、俺が偉そうに言う事でもないか。

でも、寂しいよ。子供のあんな顔見んのはさ。マジで。

I&I
【関連する記事】
posted by INGENIOUS DJ MAKINO at 22:14| shout | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。